くるまの保険/請求時のチェックポイント

  • Q 1.警察に届出しなければ、保険請求できないか?
  • Q 2.人身の保険請求には、「人身事故証明証」が絶対条件か?
  • Q 3.現場で脅されて、警察に届出せずに全額払う約束をしてきたが、保険請求はできますか?
  • Q 4.等級ダウンしない事故、ノーカウント事故制度は、存続しているのですか?
  • Q 5.事故報告をすると、必ず等級ダウンするの?
  • Q 6.同乗者が負傷した事故の搭乗者傷害の請求は、契約者なのか、受傷者本人なのか、運転者なのか?
  • Q 7.法人契約なのに、運転手が勝手に負傷して、勝手に請求するとは、何事か?
  • Q 8.いたずらされてタイヤがパンクされた。タイヤ以外の損害はないが、タイヤは請求できない?
  • Q 9.車庫からバックの際に自分の子供に気付かず重傷を負わせた。対人賠償の対象外と聞いたが・・
  • Q10.車を乗換えたのを代理店に通知するのを忘れて事故を起したケースでは?
  • Q11.「他車運転担保特約」の事故とは?
  • Q12.死亡事故で運転者本人が逮捕された。直ちに弁護士を頼んだが、その費用請求は?
  • Q13.追突された修理代を払ってこないので、自分で弁護士を探して依頼したが、その弁護士費用の請求は?
  • Q14.保険金請求書を省略して、保険金支払は出来るのか?
  • Q15.損害保険リサーチとは、どんな機関なのか?

A1.警察に届出しなければ、保険請求できないか?

道路交通法72条では、警察届出を義務づけていますが、自動車保険約款上では、「支払わない事項(免責)には、」明記されておりません。

但し、人身事故では「自賠責保険」適用が前提であり、「事故証明の添付」は必要条件となっています。従って、特別な事情がない限り、届出をお願いします。届出できなかった合理的な理由がある場合には、弊社にご相談下さい。

A2.人身の保険請求には、「人身事故証明証」が絶対条件か?

人身事故証明書が無いことは、人身事故が無かったことを証明することと同じですが、保険会社、及び自賠責調査事務所は、客観的に事故が会ったことを証明する資料や、人身事故届出をできなかった合理的な理由が判る書類の提出を求めています。出来る限り契約者の立場に立って対応するように努力をしている様子です。

A3.現場で脅されて、警察に届出せずに全額払う約束をしてきたが、保険請求はできますか?

警察に届出することは、事故事実の記録と、事故の大きさの証明と、後々のトラブル防止などの目的が有ります。大至急、保険代理店、又は保険会社に報告して対策を練る必要があります。(放置すると、後々更に請求される場合が有ります)

A4.等級ダウンしない事故、ノーカウント事故制度は、存続しているのですか?

平成24年11月1日~自動車保険は大幅に改定されました。従来のノンフリート等級制度は、事故あり等級と、事故なし等級の二本建てになり、同時に、「等級ダウンしない事故(据え置き事故)」は廃止され、すべて「一等級ダウン事故」に移行されました。但し、「ノーカウント事故」は継続しています。尚、保険会社により、適用されるルールに相違がありますので、詳細は、弊社にお問合せ下さい。

◆一等級ダウンが適用される車両保険請求の事故例(従来のノーカウント事故)
①盗難・火災・爆発②台風・竜巻・洪水・ひょう③窓ガラスの破損・いたずら・落書き・飛び石など。

◆ノーカウント事故が適用される事故例
①人身傷害、搭乗者傷害、無保険車傷害、対人臨時費用②ファミリーバイク特約、弁護士費用特約、個人賠償保険特約
③事故代車費用特約、地震・噴火・津浪全損一時金特約事故など。

A5.事故報告をすると、必ず等級ダウンするの?

事故報告をして、事故解決をして貰ったとしても、保険金支払いを受けなければ、自動車保険は無傷で等級ダウンはしません。小額の支払いを受けて、翌年以降保険料が高くなったのでは、保険請求をしなければ良かったことになります。代理店弊社はお客さまの保険請求の損得をチェックしてアドバイスしています。

A6.同乗者が負傷した事故の搭乗者傷害の請求は、契約者なのか、受傷者本人なのか、運転者なのか?

搭乗者傷害、人身傷害のように、「傷害」が付く内容は、事故状況、運転状況に関わらず、ケガをされた本人が請求者になります。但し、本人が運転者で、無免許や酒気帯び運転によるご自身の負傷は、お支払対象外になります。

A7.法人契約なのに、運転手が勝手に負傷して、勝手に請求するとは、何事か?

搭乗者傷害の請求は、飽くまでご本人ですので、ご本人がご請求者で保険金受取人は会社になるか、或いは、「事業主費用特約」を付帯した搭乗者保険にすべきです。

法人車に搭乗中の従業員には、労災保険、相手の対人賠償、人身傷害や自損事故などの保険が関係しますので、予想を超える多額の保険金支払になることが有り、他の社員の士気に影響する場合があります。

A8.いたずらされてタイヤがパンクされた。タイヤ以外の損害はないが、タイヤは請求できない?

タイヤは消耗品にて、タイヤがバースした事故などを含めて対象外になります。他に、タイヤ外の損害が有れば、タイヤを含めて対象になります。

A9.車庫からバックの際に自分の子供に気付かず重傷を負わせた。対人賠償の対象外と聞いたが・・

対人賠償保険では、被保険者の父母、配偶者、子供は補償外になります。

但し、「妻は他人なり」の最高裁の判例が有り、自賠責保険は補償対象になります。又、人身傷害保険にご加入の場合は、人身傷害(搭乗者傷害もOK)でお支払出来ます。マイカー搭乗の確率は、家族になりますので、家族に万一の補償の自動車保険を備えるべきです。

A10.車を乗換えたのを代理店に通知するのを忘れて事故を起したケースでは?

新たな自動車の取得日から起算して、30日以内に入れ替え手続きをお取りいただくことにより、保険支払の対象とします。但し、その期間を超えた場合や、

A11.「他車運転担保特約」の事故とは?

契約車両以外の車を運転していての自動車事故を補償する特約ですから忘れてしまう危険が有ります。個人契約の保険には、自動的に補償がセットされますが、法人契約の場合は、特約料金を支払って補償を拡大します。

車検や修理の際に、代車として使用する車両に適用される「臨時代替自動車特約」(個人・法人契約を問わず自動的に補償)と、他車運転担保特約は、目的も適用範囲も異なりますので、上手に安心を拡大してご利用下さい。

A12.死亡事故で運転者本人が逮捕された。直ちに弁護士を頼んだが、その費用請求は?

自動車保険の弁護士費用特約は、飽くまで、お客さまが自動車によって、身体や財物の被害を被り、相手の方に損害賠償請求を行う場合の費用です。運転手さんが逮捕されたことは、警察責任の身柄拘束であり、民事賠償の範囲とは異なります。従って、弁護士費用特約ではお支払できませんのでご理解下さい。

A13.追突された修理代を払ってこないので、自分で弁護士を探して依頼したが、その弁護士費用の請求は?

保険請求の範囲ですが、弁護士に依頼する前に、保険会社の承認を得る必要があります。保険会社と依頼する弁護士の間で、その費用などについて事前に協議することが必要です。

A14.保険金請求書を省略して、保険金支払は出来るのか?

自由化時代ですから、お客さまサービスの向上にむけて、行政に申請して認可を得たものは、新しい制度としてどんどん取入れられています。示談交渉なども、書類を省いた電話示談が定着していますので、保険金請求の省略も、何ら問題有りませんので、ご安心下さい。

A15.損害保険リサーチとは、どんな機関なのか?

多くの損害保険会社が出資した「保険事故に関する調査」を主たる目的とする社員一千人を超える全国ネットの会社です。

①事故状況調査
②不正請求疑義調査
③医療調査
④車両盗難調査
⑤休業損害調査などを保険会社や共済弁護士から依頼を受けて報告する業務受任会社です。

すまいの保険/請求時のチェックポイント

  • Q 1.消防署に届出しなければ保険請求はできないか?
  • Q 2.隣接の火事により、火災の熱により、店舗看板やトヨや壁が凸凹になった。燃えてはいないが、火災証明書は必要か?
  • Q 3.電気が点灯しない。落雷かも知れない、落雷の証明はどうすれば良いか?
  • Q 4.子供が火遊びして絨毯やカーテンが燃えた。恥ずかしさと怖さで、消防や警察に届出できないが、保険請求はできないか?
  • Q 5.隣のガス爆発で自宅のガラスが割れたが相手が全部修繕してくれた。この場合の自分の火災保険はどうなるか?
  • Q 6.強風で屋根がめくれて、雨が降ったら室内が濡れてしまうが、急いで対応したいが・・
  • Q 7.住宅ローンの残債(質権設定)がある場合、自分たちが保険請求する立場にないのか?
  • Q 8.盗難の保険請求は、どの様に進めるか?
  • Q 9.泥棒に入られて警察届出したが、その後、届出していない盗難物が判ったが、再請求できるか?
  • Q10.自動車が店舗の壁を破損したが、自動車同志の言い分が異なり、修理が出来ない状態になっている。
  • Q11.マンション水漏れ事故で、部屋は相手保険が修理をしたが、自分の保険で費用請求をできると聞いたが、不正請求にならないか?
  • Q12.水漏れ事故の原因調査、水漏れ自体の修繕は、火災保険の損害金ではないのか?
  • Q13.保険契約者(掛け金負担者)が、火災保険の請求者ではないのか?
  • Q14.保険金請求には、常に所有者の実印と、印鑑証明が必要か
  • Q15.保険会社から頼まれてくる事故の鑑定人の権限は?

A1.消防署に届出しなければ保険請求はできないか?

火事の場合は、消防署に届け出て「罹災証明書」をもらうのが原則です。罹災証明書が有れば、所得税の「雑損控除」などの申請にも使えます。

但し、火災保険請求では、絶対条件ではありませんが、消防法第○条では、火災を発見し場合、直ちに消防署への通報義務を課しています。

従って、ご都合が悪い場合には、焼失した現物が有る状態で、早めにご相談下さい。

A2.隣接の火事により、火災の熱により、店舗看板やトヨや壁が凸凹になった。燃えてはいないが、火災証明書は必要か?

失火もとの写真や、自宅の損害の写真などをお取り下さい。火事でなくても、被災した損害があれば、罹災証明の申請は出来ますが、損害額が大きくなければ、保険会社に事情説明をして事前承認をとるようにします。

A3.電気が点灯しない。落雷かも知れない、落雷の証明はどうすれば良いか?

建物の所在地と被災したと想われる日を保険会社に報告すれば、落雷の日時が判ります。更に、壊れた電機製品を、電気屋さんに持ち込んで調べて貰うと、落雷=過電流特有の焦げ付きが有りますので、直ちに判断できます。

電気屋さんで、「落雷によるもの」及び「修理不能」と証明書(見積書)を書いていただければOKです。

A4.子供が火遊びして絨毯やカーテンが燃えた。恥ずかしさと怖さで、消防や警察に届出できないが、保険請求はできないか?

お立場は良く分かりますので、保険会社と話し合いをして、お客さまのご事情を汲み取るようにします。お子さんは、弁識能力がない年令にて保険金支払にも問題有りません。ご安心下さい。

A5.隣のガス爆発で自宅のガラスが割れたが相手が全部修繕してくれた。この場合の自分の火災保険はどうなるか?

火災保険には、損害保険金と、費用保険金で構成されていることが多く、ご契約内容を精査して、費用保険金のご請求をお奨めします。費用保険金とは、修理金額の10~30%かつ定額上限が定められていて、ほとんどの火災保険の標準装備になっています。被災者の目に見えない費用として損害保険とは別枠でお支払いできる内容になっています。但し、コストカットを目的とした保険では削除している場合も有ります。

A6.強風で屋根がめくれて、雨が降ったら室内が濡れてしまうが、急いで対応したいが・・

保険会社の立会いが間に合わない事故は多々有ります。損害が拡大しないように、二次災害が起きないように、応急処置や修理に着手する必要が有ります。大事なことは、損害部分の写真を残すこと、修理代が標準価格(足元を見た高額ではない)であること、仮修理(応急手当)と本修理の二重請求にならないことなどをご注意下さい。勿論、当方からの修理業者のご紹介も出来ます。

但し、火災保険では、20万円以上の損害(19万円はゼロ、21万円は全額)条件や、免責額を設定した保険(自己負担額、例えば5万円ですと、19万円の損害では、14万円の支払い)がありますのでご注意下さい。

A7.住宅ローンの残債(質権設定)がある場合、自分たちが保険請求する立場にないのか?

契約上ではその通りですが、現実はほとんどお客さまご自身でご請求されます。質権設定の金融機関が承認することが前提ですが、損害額が大きい火災や、ローン残高が大きい場合、ローン返済の滞りが多いなどは、銀行承諾が下りない場合が有ります。

A8.盗難の保険請求は、どの様に進めるか?

まず、警察に届出して損害を報告します。数日後、受理番号が決まりますので、それを保険会社に報告します。並行して二次災害が出ないように修理を依頼します。物の損害額が100万を超えない程度であれば、保険会社は立会いに行きません。損害部分の写真と、業者の見積書、お客さまの申告書で対応します。

A9.泥棒に入られて警察届出したが、その後、届出していない盗難物が判ったが、再請求できるか?

警察に追加して、損害内容をご報告下さい。まずは、警察が受理することが大事です。事故日からの経過日数にもよりますが、警察が受付すれば、保険会社が受付しない理由は原則有りません。

A10.自動車が店舗の壁を破損したが、自動車同志の言い分が異なり、修理が出来ない状態になっている。

火災保険の「建物外部からの物体の飛来・衝突による損害」「偶然な事故による破損・汚損の損害」いずれかの項目が付帯されている火災保険であれば(大部分その様な保険)火災保険でご修理される(自動車への損害賠償請求の権利を譲渡)ことをお奨めします。火災保険は損害保険金のほかに、臨時費用保険金もお支払いされますので、事故報告をして一切を依頼することが

A11.マンション水漏れ事故で、部屋は相手保険が修理をしたが、自分の保険で費用請求をできると聞いたが、不正請求にならないか?

11.ご請求漏れになる代表的な事故例ですが、ご自身で専有区分の火災保険をご加入されていれば、当然ご請求されるべきです。二重請求でもなければ不正請求でもありません。お支払い額の目安は、損害修理代金の10%~30%であり、被害を受けた当事者は、時間的・金銭的な支出も有りますのでそんな臨時費用としてお客さまにお支払いするものです。

A12.水漏れ事故の原因調査、水漏れ自体の修繕は、火災保険の損害金ではないのか?

例えば、水道管バルブの欠損が有り、その水漏れ箇所を突き止めるための調査費用は、保険請求の範囲(水漏れ原因調査費用が付帯されていれば)ですが、欠損したバルブ自体の取替え費用は、原因調査費用ではお支払いできません。

但し、ご契約の火災保険内容が破損事故を補償する内容になっていれば検討の対象になります。

A13.保険契約者(掛け金負担者)が、火災保険の請求者ではないのか?

火災保険(物)の請求者は、所有者が原則です。従って、万一の時は、必ず「所有者確認」をします。契約者=保険料負担者であり、契約者=被保険者の場合は不要ですが、契約者≠被保険者の場合は必ず、被保険者(所有者)の記名が必要です。

A14.保険金請求には、常に所有者の実印と、印鑑証明が必要か?

一般的には、高額請求の場合は、実印と印鑑証明書の添付をお願いしますが、そのお知らせがない場合は、実印を使用するに及びません。印鑑偽造問題などが起きる時代ですから、保険会社も最小限のお願いにしています。

A15.保険会社から頼まれてくる事故の鑑定人の権限は?

社団法人日本損害保険鑑定人協会に所属する損害査定のプロです。事故があったり、建物の評価をしたり、事故原因の調査をしますが、すべて保険会社からの委託を受けて行います。

従って、損害鑑定については窮めて高い能力が有りますが、保険金支払いについては、鑑定人の報告資料を参考に、保険会社が支払い保険金を決定します。但し、公平、中立な立場である鑑定人の報告書は、相当な影響力があるのは事実です。

からだの保険/請求時のチェックポイント

  • Q 1.テニスで、肘が痛くて整形外科に通ったが、契約代理店から傷害保険請求の対象にならないと言われたが何故か?
  • Q 2.野球中に手首が痛くなって、翌日医者にいったら、腱鞘炎と言われた。保険請求できるか?
  • Q 3.フットボール中に、双方が感情的になって、喧嘩騒ぎになったが、その時に鼻骨にヒビが入る大怪我をした。保険請求はできない?
  • Q 4.炎天下のゴルフで、熱中症になり、救急車に運ばれて入院した。「ゴルフ保険」で請求できるか?
  • Q 5.旅行に行く際、家を出てタクシーに乗って、直ぐにトラックに追突され負傷した。相手の自動車保険と、自分の旅行保険の請求は出来るか?
  • Q 6.町会のバス旅行中に、転倒して左足くびを捻挫した。保険の請求はどの様にすれば良いか?
  • Q 7.傷害保険の「日常生活の支障期間」とは、どんな意味か?
  • Q 8.夕刻、買い物して帰宅中に、ひったくりに遭い、転倒した叔母が頭部を強打して死亡した。これは「犯罪被害事故」になるのか?
  • Q 9.団体のスポーツ保険は、誰が請求者になるのか?
  • Q10.治療期間の限度日数を超えたので入通院保険金を請求したが、その後、後遺障害が残ってしまった。その請求は?
  • Q11.針治療や接骨院やカイロプラクティック治療は、傷害保険の対象にならないのか?
  • Q12.スキューバダイビングやゴルフ用品の事故は、損傷した現物をどうするのか?
  • Q13.携行品の損害請求で、保険会社から、購入価格の資料提出を求められたが、数年前のものは保存していない・・
  • Q14.スカイダイビングで着地ミスをして骨折したが、保険請求対象外といわれたが・・
  • Q15.海釣り中に高波にさらわれ行方不明になり、捜索願いを出した費用は請求できるか?

A1.テニスで、肘が痛くて整形外科に通ったが、契約代理店から傷害保険請求の対象にならないと言われたが何故か?

傷害事故とは、急激性、偶然性、外来性の三条件を満たされたことを言います。テニス肘とは、疲労が重なって痛みが出てくるものであり、ケガとは言いがたい現象です。靴擦れなども同様の扱いになります。

A2.野球中に手首が痛くなって、翌日医者にいったら、腱鞘炎と言われた。保険請求できるか?

打撲や捻挫であれば問題ありませんが、腱鞘炎の診断名が付くと傷害事故と判断できなくなります。

但し、捕球しようとして転倒して、地べたに手を付いて、腱が炎症を起こしている状態も、腱鞘炎として診断する例も有り、事故状況の詳しい説明が大切です。

A3.フットボール中に、双方が感情的になって、喧嘩騒ぎになったが、その時に鼻骨にヒビが入る大怪我をした。保険請求はできない?

パンフレットでは、闘争行為による傷害は、お支払できないと明記しています。但し、詳細な状態を代理店弊社までお知らせ下さい。

A4.炎天下のゴルフで、熱中症になり、救急車に運ばれて入院した。「ゴルフ保険」で請求できるか?

傷害保険は、ケガの保険で、身体内部ではなく、身体外部の傷害をお支払いします。従って、熱中症は、標準の傷害保険ではお支払いできません。ただし、特約を付帯して、補償を拡大している場合は、この限りにありません。

A5.旅行に行く際、家を出てタクシーに乗って、直ぐにトラックに追突され負傷した。相手の自動車保険と、自分の旅行保険の請求は出来るか?

何の問題も無くご請求できます。ご自分が保険料をご負担されて、ご自分で備えた保険ですから、相手からの賠償金とは別に、何の問題も無くご請求できます。

A6.町会のバス旅行中に、転倒して左足くびを捻挫した。保険の請求はどの様にすれば良いか?

ご本人でも結構ですし、町会の世話役からでも結構です。代理店弊社にご連絡ください。保険金請求書が届きましたら、「治療が終わってから」ご請求下さい。尚、医師の証明書(診断書又はレシート)のほかに、町会役員の証明書(旅行中を証明する)が必要になります。難しいことは有りませんが、不慣れと存じますので、いつでもご相談下さい。

A7.傷害保険の「日常生活の支障期間」とは、どんな意味か?

傷害保険の通院保険金欄には、「平常の業務または生活に支障がない程度に回復した以降の保険金はお支払できない」と定めています。中々判断が難しい点がありますが、お客さまと保険会社担当者と打ち合せして合意するしか有りません。入院は一切問題有りませんが、通院治療には、被保険者および治療先で、通院実日数に大きな差が有ります。

A8.夕刻、買い物して帰宅中に、ひったくりに遭い、転倒した叔母が頭部を強打して死亡した。これは「犯罪被害事故」になるのか?

犯罪被害事故です。被害事故補償付きと、付いていない保険が有りますが、補償が付いている場合は、傷害保険の基本契約の支払保険金とは別に、被害事故補償保険金をお支払します。

お支払基準は、対人賠償保険と似ており、ご本人の年令や収入や家族構成で異なり、逸失利益や精神的慰謝料などで構成されます。

但し、自賠責保険からの給付、対人賠償保険からの給付、加害者からの賠償金、政府からの犯罪被害者等の支援に関する法律にもとづく給付金などは控除されます。

犯罪被害事故補償とは、第三者による加害を目的とする事故またはひき逃げ事故等により、死亡または重度後遺障害が生じた場合に対象になります。

A9.団体のスポーツ保険は、誰が請求者になるのか?

ケガをされたご本人(幼児の場合は親権者)です。但し、スポーツ中の管理者から参加中の事故である証明の取り付けが必要です。

A10.治療期間の限度日数を超えたので入通院保険金を請求したが、その後、後遺障害が残ってしまった。その請求は?

後遺障害とは一般的な機能障害をいいます。

例えば、指が○○度以上曲がらなくなってしまったなどで、痛みが再発した状態では、通常、後遺障害とは言いません。事故発生後その日を含めて180日以内であれば、保険会社所定の後遺障害診断書を書いてもらってご提出ください。

A11.針治療や接骨院やカイロプラクティック治療は、傷害保険の対象にならないのか?

傷害保険パンフレットでは、「医師の治療を要し」と書いて有ります。この場合の医師とは、医師法の医師を指しています。

従って、法律で医師と認められていない処方は、原則傷害保険の対象外です。

但し、医師が必要と認めた療法はこの限りにありません。事前に、保険会社にご相談されることをお奨めします。

A12.スキューバダイビングやゴルフ用品の事故は、損傷した現物をどうするのか?

保険請求する場合は、勝手に処分しないで、保険会社の指示に従ってください。保険会社から、現物提出を求められる場合もあります。最低限、損害が発生した「現物写真」を撮っておくことが、契約者の初期対応として必要です。

A13.携行品の損害請求で、保険会社から、購入価格の資料提出を求められたが、数年前のものは保存していない・・

この様な事例は沢山あります。保険会社も沢山の資料や情報を持っていますので、「何年頃に、○○型式の大きさの用品を○○店から、○○円で購入した」と報告して、保険会社のチェックを受けます。

従って、万一の時は、必ず「所有者確認」をします。契約者=保険料負担者であり、契約者=被保険者の場合は不要ですが、契約者≠被保険者の場合は必ず、被保険者(所有者)の記名が必要です。

A14.スカイダイビングで着地ミスをして骨折したが、保険請求対象外といわれたが・・

保険は広く皆さまにご利用頂けるように作られています。従って、事故発生の危険に対しても、公平であるように作られています。

従って、社会通念上、危険だと思われる行為に対しては、パンフレットにお支払できない条件として記載されています。

従って、スカイダイビングやハングランダーやロッククライミングなどは、その危険な行為に該当しますので、お支払い出来ません。

但し、事前に申し出で、その危険行為に対して、割増料金などを頂戴した保険であれば問題有りません。

A15.海釣り中に高波にさらわれ行方不明になり、捜索願いを出した費用は請求できるか?

傷害保険の「救援者費用特約」が付帯されていればお支払できます。この特約は、契約者、被保険者、又はその親族の方が負担した次の費用をお支払します。

①捜索救助費用
②交通費・・救援者(被保険者の親族など2名まで)の現地(国内海外OK)までの航空機などの一往復分の運賃
③宿泊料
④移送費用
⑤諸雑費などをお支払します。

尚、被害事故補償のご契約金額が限度になります。また、お支払内容とその条件には、幾つかの約束事があります(保険会社間でも異なります)ので、詳細はご契約パンフレットをご参照下さい。

賠償の保険/請求時のチェックポイント

  • Q 1.保険会社の保険金請求書や、事故状況報告書は、難しくて記入出来ない。代筆依頼したら違法か?
  • Q 2.賠償事故の請求者は、事故当事者か?それとも保険契約者か?
  • Q 3.相手から示談書が取れないと、相手に支払った賠償金などの保険請求はできないか?
  • Q 4.賠償保険の「他人」とは?
  • Q 5.相手から費用の内払い請求が出た。何故、替えをしなければならないのか?
  • Q 6.事故の責任割合は、誰が決めるのか?
  • Q 7.不注意で相手に重傷を負わせた人身事故の治療費は、保険会社が直接病院に支払ってくれないのか?
  • Q 8.保険会社が示談交渉をしてくれないのは、何故か?
  • Q 9.事故を立証する責任は、誰にあるか?
  • Q10.名誉毀損などもこの保険の対象となるか?
  • Q11.保険金請求の時効はあるの?
  • Q12.保険の支払いを受けたが、残りの保険金額はその分減額されるのか?
  • Q13.散歩中の犬同志が喧嘩になり、相手の小型犬に重傷を負わせた・・
  • Q14.スポーツ中の衝突事故は、損害賠償事故になるのか?
  • Q15.保険会社に相談しないで、勝手に示談してしまったが・・

A1.保険会社の保険金請求書や、事故状況報告書は、難しくて記入出来ない。代筆依頼したら違法か?

事実を代筆してもらうことは、違法でもなく問題有りませんが、「保険金請求者」は、ご自身で、ご記入下さいますようお願い申上げます。

A2.賠償事故の請求者は、事故当事者か?それとも保険契約者か?

事故内容と保険種目と保険の契約形態によりますので、事前にお問合せ下さい。通常、契約者=被保険者の場合は、契約者が保険請求者になります。

A3.相手から示談書が取れないと、相手に支払った賠償金などの保険請求はできないか?

相手が示談に応じなく連絡不能になった。示談書の取り交わしは大げさだ。相手は修理さえしてくれれば良いと言っているなど、いろいろな事情が発生します。示談の締結が望ましい訳ですが、示談書が無くても個々の事情をお聞きして対応します。

A4.賠償保険の「他人」とは?

他人の身体と財物損壊と記していますが、この場合の他人とは、被保険者以外の第三者を指します。被保険者が法人の場合、役員、理事、使用人などの個人は、他人に該当します。

従って、被保険者が個人の場合、その親族も他人にあたりますが、世帯を同じくする親族は、約款上免責としています。

A5.相手から費用の内払い請求が出た。何故、替えをしなければならないのか?

賠償保険は自動車保険のような、内払いや、病院への治療費一括払い制度は有りません。

従って、一旦、お客さまに立て替え払いをして頂き、その振込み控えを基にお客さまの口座にお振込みすることが原則です。

但し、示談書で損害を確定した状態であれば、保険会社から被害者口座に直接(免責金額を除いた分)お支払いすることが出来ます。

A6.事故の責任割合は、誰が決めるのか?

保険会社が事故事実に基づき、解決の為の責任割合を提示するのが一般的です。

但し、自動車事故には沢山の判例が有りますが、多種多様な事業に関わる賠償保険は、専門家であり、当事者であるお客さまの見解はきわめて重要です。そのお客様のご意見や顧問弁護士の見解などを参考にします。責任割合の決定ではなく、解決の提案であります。

A7.不注意で相手に重傷を負わせた人身事故の治療費は、保険会社が直接病院に支払ってくれないのか?

自動車保険のような病院への一括払いは認可されていません。また、通常の賠償事故の治療費は、公的保険適用を前提としており、不法行為責任があるとしても、自由診療には限度があります。

A8.保険会社が示談交渉をしてくれないのは、何故か?

弁護士法に抵触するからです。自動車保険は特別に認められた示談交渉付き保険です。事故件数が多く、迅速に解決するために日弁連と損害保険協会が合意して今日に至っています。

但し、所定の教育を受けた社員に限定しており代理店や調査会社が示談介入出来ません。そもそも営利の保険会社が示談代行することに賛否の意見があります。

従って、解決のお手伝いはしますが、前面に立っての交渉は非弁行為になります。

A9.事故を立証する責任は、誰にあるか?

事故を立証責任(挙証責任)は誰にあるか?は重い責任です。

例えば、自動車賠償責任保険法では、運転者が自分の運転に過失が無かったことを証明しない限りその責任を免れることは出来ません。賠償事故の挙証責任は誰にあるか?不法行為の場合は被害者が過失の書証責任を負い(民法第709条)債務不履行の場合は、加害者が自分に過失がなかったことの挙証責任(民法415条)を課しています。被保険者のお客さまにとっては、債務不履行責任の挙証責任の方が重いです。

A10.名誉毀損などもこの保険の対象となるか?

他人を中傷する記事を書いたため相手の名誉を毀損した場合なども法律上の損害賠償責任は発生しますが、この保険の対象とする事故の範囲は、偶然な事故によって他人を死亡させたりケガをさせた場合や、他人の財物を壊した場合としていますので対象となりません。

A11.保険金請求の時効はあるの?

民法第724条は、不法行為では損害および加害者を知った時から3年、不法行為から20年を経過した時も、同様とすると定めています。民法第167条1項では、債務不履行は、原則として損害が発生してから10年としていますが、例えば商行為から生じた債権は原則として5年(商法第522条)である等、これより短い時効期間が定められて居る場合もあります。

一方、賠償責任保険普通保険約款では、「被保険者と損害賠償請求検者との間で、判決が確定した日、又は裁判上の和解、調停もしくは書面による合意が成立したとき」の翌日から起算して3年を経過した場合は時効が成立すると定めています。

A12.保険の支払いを受けたが、残りの保険金額はその分減額されるのか?

一般的な賠償保険におけるてん補限度額(保険金額)は、それぞれ一事故についての限度額であり、保険期間中に何度事故が起きても、それまでの保険金支払いに関係なく、一事故のてん補限度額の範囲内で支払いされます。(自動復元方式)

但し、生産物特約、自動車管理者特約、受託者特約のように、「保険期間中の総てん補限度額」を定めるものは、支払われた保険金の金額の合計が保険期間中の総てん補限度額に達すると保険会社のてん補責任は終了します。(残存保険金額方式)

A13.散歩中の犬同志が喧嘩になり、相手の小型犬に重傷を負わせた・・

犬の喧嘩と言えども、相手から賠償請求があった場合は、話し合いのテーブルに着かねば成りません。まずは、詳細をご報告いただき、保険会社や弁護士に相談して、早めに準備しておくことをお奨めします。

A14.スポーツ中の衝突事故は、損害賠償事故になるのか?

一般的には、そのスポーツに参加するもの同志は、そのスポーツの危険性も判っている筈です。しかも同僚であり、チヨットしたことで、賠償請求することは、仲間からも批難を受けます。

但し、全ての賠償トラブルは、負傷した側の損害程度が大きいか、感情的な問題に発展した場合です。裁判例も沢山ありますし、スポーツだから不法行為責任が発生しないとは言えません。

A15.保険会社に相談しないで、勝手に示談してしまったが・・

事故報告もしていないとしたら、まずは急いで事故報告をします。そして、事故があった事実を証明する資料や写真をご用意下さい。その上で、示談した内容とその根拠をお示し頂き、保険会社にお願いするしか有りません。

何故、事故報告をしなかったのか?或いは、事故事実に問題がなければ、示談内容について、最大限保険カバーして貰うようにご支援します。